original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

お・は112 子どもに語る前に 大人のための「性教育」

¥1,760 税込

送料についてはこちら

「性教育」は、愛と責任と多様性への深い考察と、大人の覚悟が必要。 生き物としての仕組みや社会的な規範を語る「性教育」では、なにかが足りない。日本の「性教育」は「純潔教育」にはじまり、性交と中絶や病気、出産と家族愛を語る授業が主だった時代を経て、いま、ジェンダー、多様な性、性的同意、性加害被害の問題がテーマとなっている。 「性のことをうまく伝えることができない……」という大人たちの声に、社会学者・宮台真司と『お・は』編集人・岡崎勝が織りなす一大特集。 なぜ、いま二人は「性や愛の教育」を重視したのか。続編次号『こども性教育』につながる大人の予習編。永久保存版。 目次詳細は以下をご参照ください https://japama.jp/oha112/