こころ学シリーズⅢ「発達障害」とはなんだろう?
5f4c821dafaa9d205258a309

こころ学シリーズⅢ「発達障害」とはなんだろう?

¥4,180 税込

送料についてはこちら

2020年10月5日刊行  石川憲彦 著 新しい発達障害が次々と登場し、ほとんどの人が障害者になる。間もなくそんな日がやって来そうです。 なぜ、そうなるのか? それはどんなふうに起こってくるのか? 本書ではAD/HDを第Ⅰ章、LDを第Ⅱ章、自閉スペクトラム症を第Ⅲ章で取り扱います。各障害は、医学的見解をめぐって各々以下のテーマとの関連を中心に紹介します。 第Ⅰ章は、障害を治療しようとする社会的圧力が生み出す精神医療の薬剤依存傾向。 第Ⅱ章は、教育による知の細分化を生み出した知の分断と精神科診断の現状。 第Ⅲ章は、障害が新たにつくられていく過程とその中で生み出される混乱。 第Ⅳ章では、今日行われている治療を批判的に検討しながら、今「発達障害」と呼ばれている人たちにとっての問題解決の方向を探ります。 この作業を通じて、新たに障害者となる私たちの未来とそこに至る心構えも垣間みえてくるでしょう。 目次詳細は以下をご参照ください https://japama.jp/kokorogaku_3/